田中刑事選手の国体初優勝は同期の羽生結弦選手から触発?


スポンサードリンク

 

今週末はヨーロッパ選手権と共に

フィギュアファンの注目を集めたのが、いわて国体冬季大会でした。

だから海外ではユーロの熱~い戦いへ

国内は国体に視線が注がれる模様がみられましたね~

 

まず先日も取り上げましたが、いわて国体冬季大会は

本郷理華選手や村上佳菜子選手など日本トップクラスの女子が

登場したことから、興味深い試合になる理由でしょう!

 

特に本郷理華選手は、世界フィギュア代表にも選ばれ

国際大会で上位が狙える存在でもあります。

羽生結弦 浅田真央 世界フィギュア2015 代表発表

さらに本郷理華選手と共に、村上佳菜子選手は今月におこなわれる

四大陸フィギュア選手権に出場しますからね~

本郷理華選手いわて国体優勝とユーロ真冬に熱い女王争い!

 

 

四大陸はヨーロッパ選手を除くことでも

だいたいユーロと同じくらいの大会という見方があるくらい!

 

しかも四大陸に出場予定の男子選手からも

いわて国体冬季大会に出場がありました。

それが田中刑事選手、みごとに国体初優勝を飾りましたよ!

田中刑事

国体について注目すると

男子競技も上位は、予想以上に名前を知っている選手が多いかも。

ごく簡単に結果を紹介しましょう。

 

1位 田中刑事選手 総合227.61点

2位 川原星選手 205.41点

3位 佐藤洸彬選手 197.19点

4位 服部瑛貴選手 178.09点

5位 宮田大地選手 176.99点

6位 中村優選手 174.70点

 

年末の全日本フィギュアにより、演技を観た選手がいるのでは?

羽生結弦 全日本2015 私服

田中刑事選手は20点差もつけて優勝ですが

ただ男子の場合は国際大会の四大陸となれば

さらなるブラッシュアップを求められそうですね~

 

 

まず女子で優勝した本郷理華選手のトータルスコア213.94点なので

そうなると男子は50点以上は上乗せの可能性が考えられますよね。

四大陸といえば、いよいよデニス・テン選手が調整して

本領発揮する時季になりますから!

四大陸の男子結果 デニステン

昨シーズンも記録になるほどの得点を叩き出し

当時は高得点となるトータルスコア289.46点でした。

これはデニス・テン選手にとってのパーソナルベストであり

ショートSPフリーFSともに、昨シーズン四大陸はPBを記録してますね!

 

参考までに昨シーズンベストならトータルスコアで、羽生結弦選手は288.16点。

バルセロナのグランプリファイナルになります。

ハビエル・フェルナンデス選手の昨シーズンベストは

トータルスコアで273.90点、上海の世界フィギュアになります。

羽生結弦 世界フィギュア ハビ デニステン

いかに昨シーズンの四大陸はレベルが高いかと伝わりますが

しかも今シーズンは、パトリック・チャン選手まで参戦ですから!

 

やっとパトリック・チャン選手とデニス・テン選手により

実質的な直接対決が実現しますね~

GPシリーズの対決は、テロが影響したフランス大会でした。

デニステンくんとテッドくん

GPシリーズのフランス大会デニス・テン選手について

村上大介選手なぜ3位と物議を醸す活躍、JOコンビが出陣!

宇野昌磨と村上大介GPF進出は射程圏内なのにフランスFSテロ中止!

 

 

そうなると有力選手の存在となる日本男子は

宇野昌磨選手と無良崇人選手ですから、いずれも上位を狙えるし。

しかも無良崇人選手は四大陸で優勝経験がありますからね~

そこに加わるだけでも、田中刑事選手にとって大躍進では?

羽生結弦×宇野昌磨×無良崇人 全日本2015

まず田中刑事選手は国際大会の経験を積むことが大切だし。

できれば総合で250点が出せればと思いますが

おそらく田中刑事選手は目標にして、四大陸に臨むのでは?

 

現時点でのパーソナルベストは、今シーズンのNHK杯で234.90点。

ただ男子は4回転ジャンプ1つが10点くらい違いますからね~

それだけ4回転ジャンプの精度を上げれば

田中刑事選手も上位に躍り出る可能性を、充分に秘めるでしょう!

浅田真央 羽生結弦 NHK杯 会見

今シーズンの田中刑事選手はNHK杯に出場なので

GPシリーズに1戦のみでしたが5位につけ

スポンサードリンク

ついに全日本では4位という結果を残します。

 

この好成績により四大陸のチケットを手に入れ

田中刑事選手は、羽生結弦選手と同期で知られますから

これから活躍する年代に、充分に間に合うでしょう!

羽生結弦×田中刑事 全日本2015 私服

どうしても脚光を浴びるのは羽生結弦選手となり

ずっと横目でみながら、チャンスがめぐるのを待ったことでしょう。

 

 

そのチャンスに備えて実力を蓄えた練習が形になったのは

NHK杯の大舞台において4回転サルコウジャンプを

実戦で成功させたのは大きく、さらに自信につながったはず!

田中刑事 SP

田中刑事選手はステップが素晴らしく

全日本でも後半にかけて、自信をもって演じる雰囲気が伝わりましたよね~

 

正直なところ、以前はそれほど印象に残らない演技でした。

だから田中刑事選手について以前から目にしているのに

あまり詳細に覚えてない理由になると思います。

浅田真央 羽生結弦 NHK杯 バンケット

今シーズンの飛躍はNHK杯がきっかけなので

羽生結弦選手の歴史的快挙前から、密かにライバル心がくすぶり

田中刑事選手はタイミング的に実を結んだのでしょうね!

 

さらに羽生結弦選手がもたらす革新的な進化とは

世界中のスケーターに影響を及ぼすことから

ますます同期であれば、闘争心に火が点くでしょうから。

 

 

田中刑事選手と、羽生結弦選手は94年生まれ。

それから日野龍樹選手は95年2月生まれで、同学年の同期だそうです。

浅田真央 羽生結弦 NHK杯 バンケット

また、田中刑事選手は所属が倉敷芸術科学大学なので

高橋大輔さんと出身地が同じことからの影響か

長光歌子コーチに師事するので、この頃よく目にするイメージ。

 

あと試合は林祐輔コーチが帯同するのがみられ

関西を拠点に活動するみたいですね。

羽生結弦 NHK杯総集編 バンケット

羽生結弦 NHK杯総集編 バンケット

そのつながりで田中刑事選手は、町田樹さんともジュニア時代から

親交があるらしく、尊敬する存在に名前がみられます。

この関係も、羽生結弦選手とのつながりを感じさせますよね~

 

もちろん同期の羽生結弦選手とは幼い頃から交流があり

行動を共にする場面など、田中刑事選手は物怖じせずに

予想以上に男らしく映るのも意表を突かれる魅力かも!

羽生結弦×田中刑事 全日本2015羽生結弦×田中刑事 全日本2015

ちょっと骨っぽい感じがワイルドに映り、さらに強引な感じが悪くない!

そのまま演技に活かせる可能性まで考えられますよね。

 

 

羽生結弦選手は、日本フィギュア男子全体が切磋琢磨することで

それぞれがレベルアップすることを理想にします。

 

そういう意味でも、田中刑事選手なりの個性がハッキリして

素敵なところだと思います。

もちろん演技にも、田中刑事選手の色となり現れるでしょうから。

田中刑事

個々に技術を磨きながらも、お互いに色があり

演技のアプローチが広がることは

鑑賞する側にとっても魅力が増すことになりますよね~

 

田中刑事選手なりの個性を研ぎ澄ませば

ますます素敵な演技を、今後も期待できそうな存在でしょう!

羽生結弦 NHK杯総集編 バンケット

羽生結弦 NHK杯総集編 バンケット2

田中刑事選手と羽生結弦選手にまつわるエピソード

羽生結弦選手と浅田真央選手NHK杯総集編バンケットの素顔

全日本バンケット写真と羽生結弦選手こぼれ話あれこれ

 

スポンサードリンク


<前の記事
次の記事>