羽生結弦選手とオーサーは最強タッグ、キムヨナは消したい過去?


スポンサードリンク

 

羽生結弦選手についてグランプリシリーズ中国杯でのトラブルから

韓国メディアで取り上げることや、何かと報じられるのは分かりました。

でも根本的に韓国の発信とは、やんわりと自分はスルーできます。

 

しかし今回は、羽生結弦選手に対する中傷ともいえる内容なので

初めてくらいに韓国メディアの報じる内容を注目してみましたが

率直に3つのことを感じました。

 

 

まず羽生結弦選手の粗探しに、必死な感じですから

それだけ韓国は脅威に感じる存在なのでしょう!

 

まあ、キムヨナ以外で国際的に活躍するフィギュア選手が

まったく韓国では不在なのか、それさえも知りませんから。

しかも男子選手はトリプルアクセルを跳ぶのが、やっとくらいで

韓国のフィギュア事情にGPシリーズで驚いたことは確か!

羽生結弦140

それで冬季の平昌オリンピックを招致しても

今の感じだと、フィギュアスケートは韓国で活躍する選手が

はたして登場するのでしょうか?

 

自国開催なのに、花形のフィギュアスケートの選手が

誰も話題になりそうな活躍ができないとすれば

さすがに韓国はちょっと淋しいでしょうね~

羽生結弦184

そうなると金メダルの最有力候補が隣国にいるとなれば

きっと歯ぎしりしたい気分でしょう。

 

でも韓国はスピードスケートの方が盛んなイメージがあります。

そちらにもっと注目すればいいだけなのに、と思っちゃいますけどね!

まあ、韓国内では注目されているけど

その状況に日本ではまったく関心がないだけのことかも。

羽生結弦182

橋本聖子議員についても思いましたけど

スピードスケートを自分で選んで、やってきたわけですよね?

そちらに情熱を注げばいいのに、いちいち何でフィギュアスケートに

首をツッコみたがるのだろう?

 

 

そして2つめは同性愛者に対して、韓国は偏見が強い印象が伝わります。

まだクリスチャンであれば同性愛者に偏見があると知っていましたが。

クリスチャンでも韓国はプロテスタントが多いらしく

その文化圏ではないであろうと予想され、韓国の偏見はなんでだろう?

 

もちろん身近で予期せぬ相手がカミングアウトすれば驚くだろうけど。

意外と日本では、特に女性は自分の恋人や旦那さんでない限り

スポンサードリンク

そこまで同性愛者を拒絶しない予感がしますけどね!

むしろゲイの友達がほしい考えが多く、その意見なら理解できます。

4

人類学でも5人に、1人くらいの確率で同性愛者がいても

まったく不思議ではないそうです。

この数の多さを知るとセクシュアル・マイノリティとしての扱いは

ますます不適切な気がしますけどね~

 

 

そして3つめとは、キムヨナは以前に何かの試合後の会見で

浅田真央選手が質疑応答するのに

隣で携帯電話をいじっている姿をみて不快でしたね~

 

もう1人のヨーロッパの女子選手が軽蔑の眼差しを向け

それに対するキムヨナは睨み返すような表情がみられ

張り合う強気な態度に幻滅し、かなり抵抗を感じました。

1

もともとキムヨナは、浅田真央選手に張り合うことが生きがいに映ります。

そういう対抗心を燃やさないと頑張れないタイプの印象ですね。

 

だから負けず嫌いが自分に向かうことで向上心になるより

キムヨナは対象の誰か相手に向かう、攻撃的なタイプに感じます。

意外と女性に多い気がして、安藤美姫さんもこちら寄りの印象ですね!

 

 

その会見のキムヨナの態度をみて以来、まったく興味を失い

だからブライアン・オーサーコーチと契約解消したことも

一切知りませんでしたよ!

羽生結弦101

もちろんバンクーバーオリンピック以降は

キムヨナがコーチを変えたことは知っていましたが。

仲違いをしたとか、結構なドロ沼になった報道が目立ちますね!

 

しかも羽生結弦選手を中傷したいがために

キムヨナと、ブライアン・オーサーコーチは仲違いしたと

韓国ではネットに流れるというのをみて、それで知ったくらいです。

4

そんな解消の仕方だとはまったく考えもしなかったのですが。

ブライアン・オーサーコーチからみても、ソチのキムヨナは義務的に

あくまでも出場しただけと、バッサリですね!

そのくらい良くないのに銀メダルとは不思議な結果でしたが。

 

そもそもキムヨナは、ブライアン・オーサーコーチと組まないのであれば

それほど恐れる選手ではないでしょう!

 

キムヨナについて

浅田真央選手の復帰に揺れるロシア、ミーシンコーチの言葉

羽生結弦選手に羨望のまなざし韓国キムヨナ至上主義のまま

 

スポンサードリンク


<前の記事
次の記事>

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です