羽生結弦選手、術後は徐々に回復から世界フィギュアに前向きへ


スポンサードリンク

 

羽生結弦選手は昨日8日に「日本スポーツ賞」グランプリを贈られ

本来なら、授賞式に出席する予定だったのでしょう…

 

年末が迫る30日に羽生結弦選手は「尿膜管遺残症」により

手術をして、無事に成功したことを報じられました。

それ以来、術後の経過など伝わりませんでしたが

グランプリなのに授賞式を欠席したことで

きっと律儀にコメントを寄せたのでしょうね。

羽生結弦197

今回の腹痛に対して、もともと羽生結弦選手は入院治療が2週間。

そして約1カ月の安静加療が必要との報告でした。

 

だから現在も羽生結弦選手は入院中らしく

まず「術後は徐々に回復しているが、今は焦らず

治療に専念したいと思っている」とのこと。

羽生結弦137

さらに「練習はできないが、これも一つの幸運だと思い

次の一歩のための有意義な時間にしていきたい」

コメントと報じられるままに掲載します。

 

また3月に開催の世界フィギュアに対して

「今できる演技をしっかりしたい」と意欲を表明するそうです。

 

 

この3月の世界フィギュアに羽生結弦選手が意欲を示すことに対して

また休養すべきだと、すでに言い出す人が現れるでしょう。

しかし同じように手術経験者なら

きっと羽生結弦選手の真意を、理解できる心情ではないでしょうか?

羽生結弦191

目指すものが、あるというだけでも

病気の回復について立ち向かう姿勢さえ違います。

 

普段なら無意識にできていたことなのに

術後は些細なことでも難しくなると思い知らされます。

まるで果てしもない谷底に、不意打ちに突き落とされたほどに

叩きのめされた気分に陥ります。

 

無理をしないでというのは心配するようでも、抑え込むだけで

もしかしたら回復に向かう人にとって残酷に届くかもしれません…

 

 

そして羽生結弦選手が伝える「これも一つの幸運だと思う」

という言葉はシンプルでも奥深く、ある意味その通りだと感じます。

 

もともと羽生結弦選手は若干20歳なのに

驚くべきほど精神的に成熟します。

しかし人間的には未熟という意味のことを

20歳を迎えるインタビューに発言しています。

羽生結弦77

もちろん謙虚な羽生結弦選手だから、同年代に比べたら

格段の違いがあるだろうと察せられます。

 

まず自分の心へ、ちゃんと視線を向けられること。

それ自体がなかなかできることではありません。

それができるだけでも羽生結弦選手は尊敬に値します。

 

 

さらに今回の手術をしたことで羽生結弦選手の人生観が変わるほど

大きな出来事になったとしても、まったく不思議ではありません。

神様により、羽生結弦選手に試練を与えるようでも

人の痛みについて若くして理解する機会に恵まれた

と、考えることもできるかもしれません…

 

神様が、羽生結弦選手に試練を与えるとは

今の状態に適切な表現なのかも分かりませんが。

スポンサードリンク

羽生結弦204

もし試練だとしても、羽生結弦選手は選ばれるにふさわしいと思えるほど

聡明であり、研ぎ澄まされた感性の持ち主です。

さらに細部にも神経が行き渡るほど鋭い感受性が備わります。

 

 

ある記事で、羽生結弦選手の今回の手術について

医学的に書かれていて、とても参考になりました。

ただ、そこまで専門医学の知識があるのなら

もっと術後の経過の重要性について書けないものでしょうか?

 

それだと羽生結弦選手の病気について、知識を披露しているだけの

印象になってしまうんですよね~

羽生結弦123

ネットなど、やっぱり手術さえすれば回復する一方だと

短絡的に錯覚する意見が多いですね。

もちろん回復に向かいますが、その過程が理解されないのが残念です。

 

羽生結弦選手はじっとベットで寝てられなくて

一刻も早く練習したいと言い出しはしないかとか。

大学のレポートをやって、時間を過ごしてほしいとか。

 

現実とはベッドで身体を起こすのも、いちいち時間が掛かり

トイレに自力でいくのも、やっとくらいだと思います。

身体が弱っているからすぐ眠くなるし。

羽生結弦選手はそういう体験は多分明かさないだろうな~

1

また羽生結弦選手は喘息があるので、麻酔のダメージが大きいだろうと。

これも体験者にとって手術の傷跡より辛いから。

あまりにも淡々と文章にされると伝わらない理由でしょうね。

 

 

こういう術後の誤解を生むのはドラマで外科医ものが多く

さらに疑問なんですよね~

極端なことをいえば大手術をして翌日には動き回っているとか

どうしても描かれがちで、それはあり得んでしょ!

羽生結弦 サイズ大 パリの散歩道 水色シャツ

もし医療に従事することや、その経験から執筆など表現に活かすなら

単に医療知識を広めるだけでなく、闘病について

もう少し意識改善ができないものでしょうかね?

 

世界フィギュアに出場に向け、羽生結弦選手は焦る気持ちはあるだろうが

目の前のことだけでなく、きちんと休養をという流れで記事は終わります。

これは医療を知らなくても書くであろう範囲です。

羽生結弦158

こういう行き場のないジレンマとは

自分なりに壁の一つに感じる瞬間かも。

 

羽生結弦選手は高い感性から意欲に昇華できるだけでなく

さらに実現化ができる素晴らしい能力があります。

だいたい一般的には、この記事のように終わってしまうのに。

それだけで終わらせないのが羽生結弦選手のような気がします。

 

ただ今だけは羽生結弦選手に静かな環境が

ひたすら必要だというのは強く感じます。

束の間でも、そっと羽生結弦選手は優しく眠りに就けますように…

羽生結弦選手の世界選手権、オーサーコーチ四大陸便りが急展開?

 

 

では最後に急展開しますがガーナのクリアファイルに

注目してみるのは、いかがでしょう?

どれも素敵な羽生結弦選手の写真が使われているではないですか!

2

コンプリートは7枚らしく、予想以上に良い写真が選ばれるので

すべて集まればこ~んな感じだそうですよ!

 

スポンサードリンク


<前の記事
次の記事>

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です