村上大介選手の四大陸フリー結果、デニス・テンとの関係性とは?


スポンサードリンク

 

村上大介選手は四大陸フィギュア選手権のフリーFSを大健闘!

総合4位の結果に終わりました。

 

次ぐ5位が宇野昌磨選手で256.45点、村上大介選手が256.47点とは

なんと0.02点の僅差の結果に驚きです!

 

だから四大陸フィギュアは最終的に

日本男子の最高位は、村上大介選手となりました。

無良崇人選手は残念ながら7位で終わります。

無良

ショートSPで調子が悪かったアメリカのジェイソン・ブラウン選手は

FSは第3グループ滑走でした。

しかもジェイソン・ブラウン選手は4回転にチャレンジせずに

無良崇人選手を上回る結果でしたから。

少々無良崇人選手、世界フィギュアが心配かも!

 

 

宇野昌磨選手は、直前が優勝したデニス・テン選手の滑走でしたから

あの空気感で演技したとは、これも大健闘でしたよ!

だから宇野昌磨選手にとってホロ苦い

シニアの世界大会デビューの結果になったかもしれませんね~

 

宇野昌磨選手は、これからシニアに本格参戦する立場だから

きっと今後の糧になる良い体験になった気がしますよ。

宇野 四大陸FS

しかも宇野昌磨選手に、デニス・テン選手への大歓声は届いたはずで

あの余韻の中で演技して

FSはパーソナルベスト167.55点を出したのだから!

 

それでも演技後のインタビューでは何のために練習してきたのかと

悔しさを滲ませ、むしろ涙ぐむほどの情熱を秘めるとは

素晴らしいスケーターの素養が伝わりますね…

 

 

そして村上大介選手もグランプリシリーズで初優勝した

NHK杯を思い出すようなFS「ピアノ協奏曲第2番」は

素晴らしい演技につながりました。

 

ほぼノーミスに観えましたが解説の本田武史さんによると

ジャンプで得点にならないかも、という種類があったみたいですが。

 

村上大介選手は遅咲きなので24歳にして

初めてのシニア国際大会デビューになり、FSは最終滑走でした。

村上大介 四大陸FS

冒頭の4回転サルコウジャンプが鮮やかに決まり

その段階でFSはひょっとしたら表彰台に届くのは

村上大介選手かもしれない、と予感させるほどでした。

 

しかし結果は表彰台に、あと一歩の惜しいところ!

4回転サルコウジャンプに関して村上大介選手は安定感があるのに

総合2位はアメリカのジョシュア・ファリス選手。

3位は中国のハンヤン選手でした。

この2選手は意外と点数が伸びたな~と、率直な感想です。

ダイス四大陸1

表彰台を逃したことに、村上大介選手自身が一番悔しいでしょうから。

潤む涙をこらえながらも笑顔でしっかり会見する様子に

心根の優しい人柄までが滲み、とっても素敵でしたよ!

 

 

ただ1位のカザフスタンのデニス・テン選手は

さすがに圧勝は納得の素晴らしい演技でしたね~

スポンサードリンク

特にFSはアイスショーのように軽快なのに、貫録さえ感じました。

 

これで羽生結弦選手に火が点いた予感がして

総合の結果デニス・テン選手は289.46点ですから!

今シーズンの最高得点だった羽生結弦選手の

グランプリファイナルの総合288.16点を塗り替えられてしまいました。

07

デニス・テン選手は、こんな強い選手だったかと思うほど!

羽生結弦選手のような別次元の強さを誇る選手だけが

身にまとうオーラまで感じられました。

 

今シーズンのデニス・テン選手はグランプリシリーズを観る限りは

ここまでの強さが、まだ明確ではありませんでした。

だからGPファイナルの出場を逃したのに

虎視眈々と2月にピークを合わせて調整したのが

昨日のFSにより、鮮明に伝わりましたよ!

デニス 四大陸FS

しかもFSはリズムがハッキリした

なかなか難しいナンバーであろうと感じられましたが

デニス・テン選手史上最高傑作になりそうなくらい、秀逸な演技!

ますます油断できない選手だと強烈に印象付けられました。

 

 

さらに驚いたのはキスクラでデニス・テン選手のコーチと

村上大介選手は同じフランク・キャロルコーチでした。

だから村上大介選手と、デニス・テン選手はチームメイトで

同じ練習拠点なのでしょうね~

 

そうなるとアメリカ女子のグレイシー・ゴールド選手も

チームメイトだから、同じコーチです。

四大陸の男子結果

ついブライアン・オーサーコーチにばかり気をとられていたけど

フランク・キャロルコーチも、今シーズンすごい実績じゃないですか!

これが村上大介選手の急成長の秘密かもしれないと

ちょっと思わせるくらいに、今シーズンの成果は目を見張りますよ。

 

 

そして四大陸FSで印象に残ったのはカナダのジェレミー・テン選手。

今季限りで惜しくも引退表明だそうです。

しかも「ハレルヤ」、とっても良い選曲でしたから

感動的なプログラムの印象が残り、心に沁み渡りました。

ハレルヤ 四大陸FS

すっかり感動に包まれていたのにフジテレビアナが

解説の本田武史さんに感想を求めて、フリを出し

本田武史さんが答えた始めた途端にCMに突入って!

すっかり感動的な余韻が吹っ飛び、大笑いしてしまいましたよ~

 

見事に本田武史さんのコメントが、ぶった切られて!

CM後にもう1度質問してコメントが聞けたけどさ~ 

もうちょっと本田武史さんのこと尊重してあげてよ

と思っちゃいましたが、今回は大笑いしたので許す!

デニステンのオリンピック

デニス・テン選手の14-15シーズンについて

羽生結弦選手を上回る総合シーズン最高得点を叩き出したデニステン

デニス・テン選手の愛称は氷上の殿下、四大陸に飛躍した理由?

デニス・テン選手フリー名プログラムは選曲が完成度の高さの秘密?

 

スポンサードリンク


<前の記事
次の記事>

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です