村上佳菜子選手は国際大会で優勝したのにニュースにならない?


スポンサードリンク

村上佳菜子選手はチャレンジカップで優勝し、凱旋帰国を果たします。

でも国際大会で優勝したのに、ニュースは報じないの?と疑問でしょう!

一応スポーツメディアにより、どこもネットニュースに流れています。

 

しかし扱いが小さいことは確かなので、そもそもチャレンジカップが

おこなわれていたのを、知らなかったという人が多いかも!

 1

村上佳菜子選手は、四大陸フィギュア選手権に出場しませんでしたが

なにか他の国際大会に出場するような情報を、どこかで知り

フィギュアスケートに興味があれば、意識の片隅に残りませんか?

 

それが何の大会だったかと、記憶してない人が多いかもしれませんね~

実は自分がそうで、たまたまフィギュアスケートの情報から知りました。

 

 

村上佳菜子選手が優勝したチャレンジカップは、20日にショートSP。

翌21日に、フリーFSがおこなわれました。

 

さっそく得点に注目すると、SPは61.64点、FSは111.27点ですから

総合は172.91点の結果になります。

率直にこの総合得点で優勝なの?と、ビックリしたのが感想です。

 村上佳菜子

つまり国際大会でも、Aランクではないとみられます。

村上佳菜子選手は、世界フィギュアに日本代表で選出されるので

その調整に出場したとみられます。

 

しかし村上佳菜子選手は、世界フィギュアの出場権さえ

危うい立場だったわけですよね~

しかも現時点で総合が、170点の前半であれば

やっぱり出場しても、10位以内に入れるのか微妙~

 

 

まず四大陸フィギュアの結果をみてみると、2位の宮原知子選手が181.59点。

3位の本郷理華選手は177.44点で、目標にした180点に僅かに届かず!

四大陸女子1

それで本郷理華選手は、キスクラで満足しない表情を思い出せば

170点台で国際大会に向かうのは、難しいと理解しやすいでしょう。

 

すでに村上佳菜子選手は、日本女子の三番手というのが

たまたまではないと、すっかり浸透してしまったでしょうね~

 宮原知子FS四大陸

では次に注目したいのは、チャレンジカップにおいて

村上佳菜子選手の得点が伸びなかった理由とは

まだ映像で確認してないのですが、だいたい報道は同じ内容になります。

 

SPは冒頭のコンビネーションジャンプ

トリプルトゥーループが回転不足となり

FSでも、ジャンプのミスが重なった模様。

 

スポンサードリンク

しかもトゥーループって、ジャンプの難易度は一番簡単な種類とされ

男子の4回転はそこからチャレンジすることで、知られますよね~

この段階から、世界フィギュアに向かうことを考えれば

さすがに村上佳菜子選手は、充分に調整ができるのかと不安!

 5

またスケート靴のアクシデントを報じられますが

これについてもどうなんだろうと、さらに疑問は深まるばかり…

まだジャパンオープンなら、この主張をしても通ると思いますよ。

 

 

まず四大陸フィギュアに、もう一度注目してみますが

ヨーロッパ選手は出場しない大会ですから

1位のポリーナ・エドモンズ選手は、184.02点の結果に止まります。

 李子君FS四大陸

もし単純に、今回の村上佳菜子選手の得点を当てはめると

なんと5位が中国のジジュン選手で175.92点、3点ほど負けてます!

これはなかなか深刻な事態だと、理解できるのでは?

 

次ぐ6位がジュニアから参戦し、シニアの国際大会に初出場でありながら

大健闘した、永井優香選手ですから!

永井優香選手は168.09点なので、さすがに村上佳菜子選手は上回っても

これまた、結構な深刻さであると伝わりやすいでしょう。

 3

しかもロシア女子は、200点台を出しても不思議はないし

今シーズンに200点台を出したのは、ロシアの女子選手だけ!

 

そうなると本郷理華選手が目指した、総合180点とは

最低ラインと考えられますからね~

 1

そもそも宮原知子選手と、本郷理華選手は世界フィギュアについて

初出場なので、まず雰囲気を掴むことを重要視するのは当然です。

それで結果がついてくれば、充分に大健闘でしょう!

 

 

これは来シーズン、日本女子でシニアに上がってくる選手によっては

村上佳菜子選手は三番手の席も、危うい立場になってしまいそうですよ!

もし、そのポジションから外れることになれば

村上佳菜子選手は視線を集められる機会が、激減するでしょうね~

羽生結弦240 

ここまで村上佳菜子選手は、難しい立場に追い込まれるとは

シーズン当初に日本のエースと吹聴したのは、マズい事態であったと

きっと多くが、今さらながら理解していることでしょう。

 

村上佳菜子選手について、冷静に事態を把握せずに

軽率に持ち上げたマスコミとは、大罪を犯したのではないでしょうか?

これは村上佳菜子選手にとっても、悲劇を招きますから!

 

スポンサードリンク


<前の記事
次の記事>

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です