羽生結弦選手のエキシビション国別フィナーレはキャシーに捧ぐ


スポンサードリンク

羽生結弦選手は今日24日におこなわれた

スケート連盟の表彰式と祝賀会を欠席しました!

しかも来シーズンに向けて、すでにカナダのトロントにて合宿中だとか。

欠席した報道について、かなりホッとしましたね~

 

まずシーズン終了してまで、また表彰式か~と。

しかもスケート連盟が主催なら、わざわざ式典とか

つい無理することはないと内心思っちゃいましたから。

 

それに昨シーズン、浅田真央選手が安倍総理とハグさせられた

その式典と知ったら、なおさら気が重くなりましたよ!

きっと昨シーズンはソチオリンピック直後のことで

かなり規模が違い、盛大におこなわれたのでしょう。

羽生結弦386

だから今年と雰囲気そのものが違うのかもしれませんが。

ひょっとして祝賀会とは、役員たちの慰安会かよ!

 

そんな印象さえ与えられ、それに選手がつきあわされたら

それこそ、タマッたもんじゃないですよね~

スケート連盟表彰式

ただし宇野昌磨選手や、山本草太選手など若手であれば

表彰されるのは、きっと励みになるでしょうから。

ここだけは大目にみられるところかな。

 

 

羽生結弦選手は体調のこともあり、ブライアン・オーサーコーチをはじめ

クリケットチームのスタッフと思うようにシーズン中は充分に

コミュニケーションを取れなかっただろうし。

 

しっかりミーティングしたいのは納得で、そちらに時間を割いた方が

羽生結弦選手にとって当然ながら、ずっと有意義ですからね~

羽生結弦344

もう羽生結弦選手は来シーズンに意識が向かっていることに

たくましくもあり、なんとも頼もしいこと!

そのストイックさが、ますます魅力的ですね。

 

しかもパトリック・チャン選手も来シーズン、競技復帰を表明するので

報道によると、6月から練習開始らしいですからね~

羽生結弦101

そうなると1ヶ月程度で来シーズンのことを

いろいろ決めなきゃだから、時間に追われるのは理解できます。

国別でも、すでに来シーズンのプログラムを滑る選手がいたし。

羽生結弦選手が早々とトロントへ旅立つのは納得しますよ!

 

 

来シーズンへの新たな流れとは別に、今シーズンは日本代表のペアと

アイスダンスにとっても、大きな別れの年になりました。

普段どうしてもシングルの選手に意識が向かいがちですが

まずペア高橋成美選手と木原龍一選手組が、世界フィギュアをもって解散。

ペア

そしてダンスアイスまでが、お姉さんのキャシー・リード選手が引退とは

これは、かなり驚きましたね~

 

ペアやアイスダンスは、ある程度は年齢を重ねた方が良い

スポンサードリンク

みたいな解説が耳に入るので、どちらもまだまだこれから

円熟期を迎えるのかと、てっきり思ったのに!

 

それに相性があるから、すぐに結果につながりにくいことがあっても

むしろ不思議ではない感覚がいつの間にかありましたね~

特にアイスダンスは、リード姉弟だから解散とか

まったく考えたことはなかったかも!

キャシー

しかも日本代表となれば、必ずこの2人がアイスダンスに登場するので

こういう結末を迎えるのは、さすがに予想しなかったな~

 

キャシー・リード選手は引退ということになり

今シーズン最後の舞台の国別をもって、ラストステージを迎えました。

だからエキシビションの最後となるフィナーレに

キャシー・リード選手は多くに向けて挨拶をしました。

1

その前に羽生結弦選手がエスコートしたことを

きっと多くが忘れないだろうな…

ソチオリンピックは、あんなに女子のエスコートがぎこちなかったのに。

キャシー・リード選手に紳士な態度で、これも王子様で素敵でしたね~

 

 

そしてキャシー・リード選手は、弟のクリス・リード選手と

コンビを組んで15年とは、ホントに長い年月をアイスダンスに

賭けてきたことが伝わります。

 

国別エキシビションのフィナーレで挨拶をしてから

スケーター全員により、グループハグをするシーンにつながり

きっと多くがキャシー・リード選手に涙したシーンでしょう。

今思い出しても、ウルッとしてしまいますから!

キャシー2

しかもキャシー・リード選手は一番幸せで、一番淋しく

悲しい日とブログに綴ります。

 

15年の最後をアイスリンクの中央に導かれ、華々しく最後を飾るようでも

ほんの僅かな時間にキャシー・リード選手は

脚光を浴びたに過ぎないのかもしれません…

羽生結弦516

その束の間で幕を閉じたとすれば、さらに切なさが胸に広がります。

 

 

だから何度観ても、号泣してしまいましたが

グループハグで、宇野昌磨選手の存在に気づいたときから

なんとも癒されましたよ~

2

すべてのことに、まだ不慣れな宇野昌磨選手は

海外の選手に導かれ、見よう見まねの様子がなんとも可愛らしい!

 

ピンク系の色彩によるシャツスタイルだから、余計に目につきやすく

こうやって去る人がいれば、新しい風となる存在もいると。

国別エキシビション映像を観ながら、なんとも感慨深い気持ちでした。

3

そして羽生結弦選手と王子2人、シャツの色彩の組み合わせまで素敵!

 

スポンサードリンク


<前の記事
次の記事>

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です