羽生結弦選手にピアノ曲バラ1を選んだジェフリー・バトルの思惑


スポンサードリンク

 

羽生結弦選手が14-15シーズンに演じたショートSP

「バラード第1番」について、引き続きテーマにします。

 

「バラード第1番」はバラ1と略され

最初だけファンの間でそう呼ばれましたが

予想したほど定着しなった印象はあり、いかがでしょう?

 

多分バラ1と呼ぶよりショートといえば通じるので

そもそも略する必要がないから?と自分なりに感じました。

 

 

さて昨日3日はSP振付を担当したジェフリー・バトルさんが

羽生結弦選手のために、バラ1を選んだことに注目しました。

羽生結弦437

さらにインタビューにより、ジェフリー・バトルさんの

深い思いが込められることを感じられます。

 

おさらいとして、羽生結弦選手は今シーズンSPに

クラシックのピアノ音楽にしたいとだけ

ジェフリー・バトルさんにリクエストしました。

ジェフリーバトル

そこからジェフリー・バトルさんは羽生結弦選手のために

ショパンの「バラード第1番」を選曲します。

 

 

まず注目したいのは、なぜ羽生結弦選手は

クラシックのピアノ音楽にしたいと考えたのか。

 

ちょうど1年後になる今だからこそシーズンが終わってから

振り返ると、なおさら感慨深い思いが広がります。

羽生結弦114

今シーズンからボーカル入りが解禁され

シーズン前は大きな変化に感じられました。

だから選手や関係者は、もっと心理的な影響は大きいでしょうね!

 

それで羽生結弦選手は満を持して

フリーにボーカル入りのオペラ座の怪人を選びます。

羽生結弦497

それに対して、あえてSPはクラシック音楽を選びますから

むしろ従来の王道を進む感じですね。

 

 

そして2シーズンを通して名プログラムへと完成させた

「パリの散歩道」とは、まったく色を変えることを望みました。

 

羽生結弦選手としては表現の幅を広げたい思いから

「パリの散歩道」から一転してクラシックを選びます。

しかもシンプルで古典的なピアノ曲を求めたのでしょう。

ジェフリー・バトル

またジェフリー・バトルさんを今シーズンの振付師に選んだのは

独特の個性のあるスケーターだったことを、理由に挙げています。

 

だから羽生結弦選手はタイプの違うプログラムへ

多彩にチャレンジしたい気持ちを発言しています。

ボーカル入りに対して、クラシックを選んだ理由にもなるみたいですよ!

 

その1つずつを振り返ると、ジェフリー・バトルさんの選んだ

スポンサードリンク

ショパンのバラ1は当時の羽生結弦選手が求める

すべての条件を満たす印象が伝わりますね!

羽生結弦135

バラ1を聴いて、羽生結弦選手のための音楽と感じた

ジェフリー・バトルさんの感性は素晴らしいと実感します。

 

 

バラ1は物語がないからこそ、それを伝えるのが難しいと

羽生結弦選手の言葉がみられます。

ますます羽生結弦選手が求めていたものであり

難しいからこそ進化すると考えたようです。

 

さらに羽生結弦選手は実際に滑るようになり

最初は単純に、綺麗な曲調という印象から

三拍子が難しいと思うようになった心境の変化が語られます。

1

また自分でピアノを弾かないので、独特の強弱をつけることを

演技において課題に感じたそうです。

この部分はシーズンを通してバラ1を鑑賞していると

納得する思いがありますね~

 

 

羽生結弦選手のバラ1の特徴として、冒頭にシンプルな直立のポーズで

そのまま15秒ほど静止するシーンから始まります。

 

そこは羽生結弦選手にとって緊張する時間と発言しますね。

その静止の間にイメージトレーニングとなり

非常に大切な時間だとグランプリファイナルの演技後に

改めて実感した心情を、これもインタビューで明かします。

羽生結弦490

その時間いかに曲を感じられるのか、それを意識するそうです。

そして羽生結弦選手は1つのプログラムを大切にして

丁寧に積み重ねて築こうとする、その心情が伝わる印象です。

 

 

さらにジェフリー・バトルさんとしても

静止する振付について、思惑を込めることを明かします。

オリンピックチャンピオンになった羽生結弦選手を取り巻く

周囲の喧騒との対比を表現したかったと。

羽生結弦77

めまぐるしく変化する環境の中でも、羽生結弦選手はリンクに立てば

他に何も心配せずに自分だけに集中できる…

 

それをバラ1の冒頭の静止により、鮮やかなコントラストを描くことで

ジェフリー・バトルさんは振付により表現します。

それは羽生結弦選手が、自分を見失わないでいられる時間に

振付によって導きたいと託したのではないでしょうか?

羽生結弦482

演技直前の間際まで感情のままに声をあげる観客はいますが

この羽生結弦選手と、ジェフリー・バトルさんの言葉を聞いて

いったいどう思うのでしょう?

 

またメディア露出がないと情報不足とか、バラエティ番組に出てほしいとか

その言葉が羽生結弦選手に、もし届くならどう感じるでしょう?

 

ジェフリー・バトルさんの羽生結弦選手への想い

羽生結弦選手の来季ショートとジェフリー・バトルのショパン選曲秘話

 

スポンサードリンク


<前の記事
次の記事>

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です