羽生結弦選手ショート新プログラムはジェフリー・バトルと再タッグ


スポンサードリンク

羽生結弦選手について今日は朝から、最新情報が流れた模様!

まずTBS朝の情報番組「あさチャン!」は

織田信成さんがレギュラー出演する木曜日に関して

フィギュアファンは、かなり観ているみたいですね~

 

それに合わせたように「あさチャン!」で

フィギュア情報が流れるのは、だいたい木曜日だし。

今日はマダムタッソーで、羽生結弦選手の写真展が開催される告知。

しかも能登直さん撮影による展示ですからね~

 

予想以上にマダムタッソーへ、多くが訪れるみたいだから

意外でビックリしましたよ!

 

もし地方から夏休みに、東京観光へ訪れた羽生結弦選手ファンなら

マダムタッソーに行きたい!となるのは、分かる気がします。

どうやら東京在住でも、足を運ぶ人が多いみたいですね~

羽生結弦の“等身大フィギュア”がお台場に登場!

ただ、今回は能登直さんの写真展もあるので

これなら行きたい!という心情は分かるかも~

 

 

それにしても「あさチャン!」は、早朝から始まるのに

織田信成さんが頑張ってますね!

しかも帯番組だから、つくづく夏目三久さんはエラいな~と。

マダムタッソー2

なるべく夏目三久さんに、頑張ってもらいたいので

この時間にテレビをつける余裕があれば

TBSにチャンネルをあわせてしまいます。

 

画面に織田信成さんが、ちょこんと座っていると

その絵だけで和むわ~

マダムタッソー1

羽生結弦選手の写真展の告知でも

殿と夏目ちゃんのワイプの姿と共に、どちらも注目しちゃいました!

 

 

さらに今日は15-16シーズンの新プログラムについて

新たな情報が、ネットを駆けめぐりました!

 

羽生結弦選手は新プログラムのフリーFS「SEIMEI」により

競技では初めて、和のプログラムを演じます。

5

しかしショートSPについて、まったく情報がないままでしたが

ようやくNumberの最新刊に、何やら情報が掲載されたそうです。

 

インタビューらしいのですが、ブライアン・オーサーコーチによると

リズム感を活かした新プログラムになると。

そして振付はジェフリー・バトルさんで、これで4シーズン目ですね!

羽生結弦672

また来シーズンもSPの振付は、ジェフリー・バトルさんならいいな~と。

密かに願いを込め、昨シーズンの「バラード第1番」選曲秘話や思惑など

以前ジェフリー・バトルさんについて書いたので、かなり嬉しいな~♪

 

しかも2日に分けて書いているので

スポンサードリンク

自分のことながら、思い入れの強さに驚くかも!

 

 

そしてFaOI神戸にて、羽生結弦選手は福間洸太朗さんと

バラ1を、奇跡のコラボにより演じます。

その影響から来シーズンもSPは、一部にバラ1説がみられ

ちょっと、ん?と思いましたが。

7

確かにSPは新しくする可能性について、ずっと不明にしていました。

ただ、羽生結弦選手は上海の世界フィギュアの会見で

来シーズンも続けて、再演の可能性はないと明言してますからね~

 

バラ1のプログラムは、自分も好きな思いは強くありますが

でもSPについて、羽生結弦選手自身が想いを

せっかく言葉にしてくれるのだから、それを最優先に尊重したいですね。

 

 

それにFSの「SEIMEI」を観ると、バランス的にSPまで

バラ1であれば、演じる気持ち的にどうなんでしょう?

しかも1シーズンにわたり、長期で演じるわけですから。

長く取り組むとなれば、まったく曲調は異なる方が良くないですか?

2

どちらも静の曲調だと、ずっしりきちゃうような~

もし自分なら、どちらか明るい曲調をやりたくなる気がして。

 

まずSPにバラ1を、2シーズン続けることはないだろうと

「SEIMEI」を観た時点で、予感はしましたが。

6

だから明確にSPについて、現時点で分かっていませんが

ブライアン・オーサーコーチが明かしてくれた

リズム感を活かしたプログラムを選ぶなら、すんなり納得します!

 

それに昨シーズンSPバラ1を選曲した

ジェフリー・バトルさんの思惑を知ると

今回であれば続ける発想はないだろうと、なんとなく伝わる気がしますよ!

1

さらにジェフリー・バトルさんの思惑は、いかに羽生結弦選手のことを

大切にしてくれているのかと、深く実感します。

 

 

それからNumber情報で、もう1つ知って驚いたのは

羽生結弦選手は上海の世界フィギュアを終えて

4月早々にも、カナダに渡ったそうです。

 

だから上海から帰国して、すぐ国別の会見に出席したのが

ちょうど桜が満開になり、美しくも可憐に花咲く季節でしたね~♪

花になれ羽生

その会見後にカナダに渡り

その頃から、すでに新シーズンの振付について動き始めていたみたい。

 

ん~、その頃ネットで「羽生不足」とか、よく見かけたけど…

羽生結弦選手は時間を惜しんで、いつもスケートについて行動をおこし

ストイックに演技のことを、考えているのが伝わりますね!

 

スポンサードリンク


<前の記事
次の記事>