羽生結弦選手トロント公開練習は仙台の七夕まつりに重なる日


スポンサードリンク

羽生結弦選手が練習拠点にするのは

現在カナダのトロントにある、名門クリケットクラブになります。

いよいよ15-16シーズンに向けて、本格始動ということで公開練習にして

メディア取材を、その1日に集中させたのでしょうね~

 

だから日本時間では昨日7日に、一斉にメディアで報じられました。

取材陣は特定の場所に集められ、撮影するので目立ちませんが

それでも角度や場面によって、映り込みがみられます。

 

いかに多くの報道陣が、殺到するのか分かり

これだけ羽生結弦選手について、報道陣が押し寄せるとは

クラブメイトはビックリだろうな~

羽生結弦×ナムくん

そのわりにはテレビで報じられる時間が

どこも短時間に限られ、少々拍子抜けしたかも!

 

 

きっとグランプリシリーズの前とか、全日本フィギュアの前とか。

フィギュア関連の大きな放送の素材として

まだ出し切ってないところが、あるのでしょうけどね~

羽生 クリケット公開練習

とりあえず今回は、日テレ夕方の報道番組「news every.」が

もっともトロントの映像が充実するという評判は、とっても納得ですよ!

もちろん24時間テレビが、大きく影響するだろうし。

 

また24時間テレビとは、別かもしれませんが「news every.」は

いつも放送は長めと高評価ですね~

羽生 クリケット公開練習 黒T

そうやって羽生結弦選手は公開練習にして、時間を調整するのに

未だに羽生不足とか、発信する神経が分からん!

そういう人が今後、満たされることがあるのでしょうか?

 

 

さて羽生結弦選手は練習拠点に戻り、本格始動と報じられようと

ずっと日本でも1人で、深夜など滑り続けていたみたい。

 

今日8日に、仙台の七夕まつりは最終日を迎えたみたいですが

きっとカナダに渡るようになって

すっかり羽生結弦選手は、七夕をみることがないだろうな~

羽生 クリケット公開練習

ずっと杜の都 仙台で生まれ育つことから

それだけは、物足りない夏に感じるかもしれませんね…

 

 

また昨日の段階で、なかなか報じられる様子はありませんでしたが

神戸スイーツ男子会にて、ちらっと語るようなことが伝わりますね。

 

スケートに限らず、広くスポーツに

羽生結弦選手は昨シーズンの、アクシデントの体験を活かしたいと。

羽生フリップ

それをスポーツメディアは「金の伝道師」とか、「ゴールド講師」とか。

まるでキャッチコピーみたいになってますね~

おそらく羽生結弦選手は、別の言葉で語るみたいですが。

なかなか、そのまま伝えてくれないようですね!

 

 

ただ羽生結弦選手は、スケートのためだけに

異国にきている感覚があると語るのは、言葉通りっぽく書かれます。

まだ、この部分があるから報われますが

カナダではスケートへ、よりストイックに集中する生活だと伝わります。

羽生 クリケット公開練習4

まず観光や、散策のようなことはしないらしく

外食は1年に2回か、3回程度みたいですから!

 

以前の取材では、週に1度スケートを休むだけだといってましたが

スポンサードリンク

休日もスケートのために休む感覚なら、メンテナンスに徹するのかも。

だからトレーニングをすることもあるし、ときにはリフレッシュもするし。

羽生 クリケット公開練習3

もし調子が悪くて休むなら、研究に費やすということで

これも以前から発言に、あった気がします。

 

 

だからこそ平昌オリンピックを区切りにして

羽生結弦選手が、プロに転向したい気持ちも分かるのでは?

それなら細く長くやれば良い、と思う人はいるかもしれませんが。

集中しているからこそ、できるという感覚は理解できますね!

羽生 クリケット公開練習5

また何かに夢中になるときは、そのストイックな状態が苦痛でなく

寝食を削る感覚さえも、ないのだろうと。

 

それくらい神経が集中してしまう傾向がある人は

きっと羽生結弦選手の主張は、分かりやすいと思いますよ!

だから平昌オリンピックのような、区切りをつけられるものがあれば

そこにエネルギーを向けられることで、ある種の心地好さがあるというか。

羽生 クリケット公開練習6

まだ、その感覚を言葉に置き換えるのは難しいですが。

きっと周囲から集中力が高いとされるなら

なおさら分かりやすいであろう、という気がします。

 

 

そんなストイックな生活を続けるのに

羽生結弦選手は遊び慣れた感じが見え隠れするとか、揶揄されてしまい…

羽生結弦選手はルックスが良いというだけで、あらぬ誤解を抱かれ

さらに、一方的な欲求と混同する感じ!

羽生 クリケット公開練習7

フィギュアスケーターはその傾向が強い感じがして。

見た目の魅力や華やかさと、実生活は裏腹というタイプが

トップレベルの人ほど多い気がしますよ。

 

おそらく見た目と、そんなに違わない印象を与えるのは

きっと安藤美姫さんかもしれませんが。

羽生×宇野昌磨 安藤美姫 神戸

そんな安藤美姫さんも、時間に追われながら練習を続けるには

夜中の2時に、リンクで過ごすこともあるのだとか!

そういう地道な部分を、どのスケーターもみせないから

なおさら読み取れない周囲であれば、勝手に誤解するのでしょうね~

 

まあ、自分も安藤美姫さんはスケーターとして、素敵だと思うけど。

タレントでは、あまり魅力を感じないのは本音だし。

テーマによって、安藤美姫さんに注目する内容があるので

誤解してしまう心理も、よ~く分かるつもりではいます。

羽生 クリケット公開練習2

でも安藤美姫さん以外は、どうも大きくかけ離れて誤解されてしまい

そのイメージが定着するのは、不本意だろうな~と。

 

 

それとは、まったく異なる心情かもしれませんが。

羽生結弦選手は集中する時間に、区切りを求める気持ちを秘めるのは

とても人間らしい、ごく正常な感情の気がしますよ。

羽生 クリケット公開練習8

それにしても羽生結弦選手の練習着姿は、いつみても素敵!

今回サイドラインがデザイン化され、ますますボディラインを強調し

美しい曲線を描く華奢なスタイルは、至宝の存在と実感しちゃいますね~

 

そして最後に、羽生結弦選手の七夕の願いが叶えられますように!

 

スポンサードリンク


<前の記事
次の記事>