羽生結弦選手SPバラ1新衣装はマイナーチェンジのリメイク?


スポンサードリンク

 

羽生結弦選手の1516シーズン初戦が、いよいよ間近に迫ります!

羽生結弦選手は前哨戦としてスケートカナダオータムクラシックから

今シーズンはスタートします。

 

当初13日開幕という報道でしたが、これは現地時間らしく

どうやら日本時間では14日という情報が目立ちますね。

さらに最新情報によると男子シニアのショートSP

15日という情報がみられますね~

 

ほぼ1週間後には違いないのでしょうが

テレビ放送とかあるのでしょうか?

そちらも気になりますから、改めるつもりですが。

まず今回は衣装についてテーマにします。

 

羽生結弦選手の新シーズンはSPプログラムに

「バラード第1番」を引き続き選曲します。

その新プログラムについて

羽生結弦選手が取材で答える内容が、ちらほら伝わります。

羽生結弦 バラ1

特に新衣装について、有力なヒントらしき言葉がみられ

やはり大好きなことなので興味深い!

 

 

さっそく目についたのは昨シーズンのバラ1について。

羽生結弦選手自身の言葉により、語られるのは初めてでは?

 

どうやら8月にクリケットで、公開練習の頃に明かされたらしい。

もしかしたら個別取材かもしれませんが。

できれば視聴者はこういうことを知りたいですよね~

羽生 クリケット公開練習 ANA

引退報道になるような先の話ではなく

もっと目の前の、1戦ずつが大切なのに。

ここがマスコミは的外れな感じがして

あれだけ大勢の取材陣が押し寄せる意味があるのでしょうか?

 

安易に、大勢が押し寄せるから

事態を混乱させるだけのような気がしますけどね~

羽生 クリケット公開練習8

なかには、こういう興味深い発信があるのにな。

それが引退の決めつけ報道に埋もれてしまうとは本末転倒!

 

 

さて昨シーズンのバラ1衣装について

羽生結弦選手自身が語るには、中国杯の後にちょっと濃くしてもらったと。

 

それが濃い青紫みたいな色になってしまい

もうちょっと青くしてもらいたいと、お願いしたところ

青が増えてしまったそうです。

羽生結弦 バラ1

羽生結弦選手いわく、だんだん上のほうにきて

青~って感じになりましたと。

 

 

この言葉を参考にして振り返ってみたところ

くしくも、ちょうど半年前の47日付のブログで

衣装の色彩の変化について書いてますね~

 

ちなみにこちら

羽生結弦選手バラード第1番の衣装は深い蒼に彩られるほどに儚く

羽生結弦 バラ1 中国杯以前

まだ記憶が鮮明のうちに、書き記しておこうと思った内容になります。

 

11月下旬開催のNHK杯から

衣装の色彩の変化を感じたことをしっかり書き残しています。

だから羽生結弦選手の言葉と、視聴者レベルの感想が一致するみたい!

 

明らかに衣装の袖や裾に向かい

グラデーションが鮮明に伝わると綴りますね~

羽生結弦 バラ1 NHK杯

それに中国杯はフリーFSでアクシデントがあり、衣装を変更したので

もしSPのバラ1衣装についても手を加えるなら

タイミング的に理解しやすいかも。

 

 

そして羽生結弦選手の次の言葉によると

「濃い青紫みたいな色になってしまい

もうちょっと青くしてもらいたいと、お願いしたところ

青が増えてしまった」と。

羽生結弦 バラ1 GPF

これが多分グランプリファイナルのときで

ブルー系の色彩により、袖と裾を強調される印象と綴りますから。

ここでも自分の意見が羽生結弦選手の言葉と一致するのは嬉しいかも!

 

 

さらに「だんだん上のほうにきて青~って感じ」のところは

おそらく全日本と世界フィギュア

さらに国別にまで、重なると考えられますよね。

羽生結弦 全日本 バラ1

全日本フィギュアの衣装について

ネイビーに近いほどのブルー系の色調と綴ります。

 

 

そして国別前に書いたので、最後は世界フィギュアについて。

さらに青が深まると同時にラインストーンが増えたと感じたみたいで

キラキラ効果が鮮明としてます。

羽生結弦 バラ1 世界フィギュア

このキラキラは照明が関係するので、もしかしたら衣装そのものは

ラインストーンなど装飾について手を加えてないかもしれませんね~

世界フィギュアの開催は上海会場という条件ですから。

室内灯の光量など、照明が関係する可能性があり得るのでは?

スポンサードリンク

 

だから羽生結弦選手の明かしてくれたバラ1衣装の変化について

ほぼ完全に一致しているといっても、これなら許容範囲でしょう!

福間洸太朗×羽生結弦選手コラボ紫陽花色に染まる夏のバラ1衣装

 

 

さらに羽生結弦選手はバラ1衣装について

「より良くしようとしたら、だんだん濃くなっていった」と。

羽生結弦 パリの散歩道 くろ

「バラ1衣装のイメージは良かったので

パリの散歩道のときのように、マイナーチェンジになるかなと思います」

と新シーズンの構想を語る模様!

 

だから多くが、バラ1衣装のデザインベースは変えずに

パリの散歩道と同様に色を変更するではないか

という意見が目立ちますね~

羽生結弦 パリの散歩道

ここまでの羽生結弦選手の言葉から想定すれば

その可能性は高いでしょう!

 

 

そして興味深いのは、羽生結弦選手の言葉となる

「より良くしようとしたら、だんだん濃くなっていった」と。

 

これは浅田真央選手の蝶々夫人の衣装を観て、まず感じたのですが。

あまり浅田真央選手は衣装にグラデーションを入れない印象が

自分としてはありました。

浅田真央 蝶々夫人 ジャパンオープン

それが蝶々夫人では取り入れ、ごく淡いトーンにより秀逸なんですよね~

これをヒントにグラデーションの素晴らしさが際立つほど印象的なのは

やはり羽生結弦選手のオリンピックシーズンの、ロミジュリ衣装です。

 

これは何度も書きますが

それくらいグラデーションでは別格な印象を受けます。

まずホワイトカラーに、ブラックのグラデーションとは

ファッションの視点からしても斬新!

羽生結弦 サイズ大 新ロミジュリ

さすがジョニー・ウィアーさんと思うし

さらにホワイトを、この衣装に選ぶ色彩感覚が素晴らしい!

もちろんロミオとジュリエットの物語性を重視すれば

純白を入れたくなる心理は理解できますね~

 

 

ここから思いをめぐらすなら

どうしても好きな羽生結弦選手と、浅田真央選手の衣装がメインですが

ある共通点に気づきました。

それは淡い色彩を中心にグラデーションが取り入れられることです。

羽生結弦 バラ1

つまりキリトルの製氷でも、やったばかりですが

氷と衣装の色が同化しないことを

もっとも選手やデザイナーなら重要視するはず!

だから男子の衣装のボトムスはブラックカラーが占める理由だとか。

 

グラデーションにより、淡色の衣装について

輪郭を鮮明にする視覚効果が高いだろうと予想します。

単純なことですが、つい意識が向かいにくいところでした。

スピンなど幻想的に映り、コントラストのメリットが伝わりやすい!

羽生結弦 バラ1

おそらく羽生結弦選手が衣装について語る

「より良くしようとしたら」に通じる気がします。

バラ1衣装はイメージが良かったので、それを大切にするなら

そのままデザインを変えず。

 

そうなると色彩や装飾で変化をつける選択が考えられるでしょうから。

それが「だんだん濃くなっていった」理由に含まれるのではないかと。

 

もちろん濃い色調の衣装にも

グラデーションが取り入れられるデザインはありますが

そのスタイルであれば、ボディの部分に取り入れられるのが主流です。

羽生結弦 悲愴羽生結弦 ダムパリ

ボディでグラデーションがメインになるとボリュームがあります。

色の取り入れ方が多彩になり、また濃淡の重ね方が異なるので

デザイン的にコントラストは少々意味合いが変わる気がします。

どちらかというと、より装飾効果の比重が高まるでしょう。

 

 

羽生結弦選手の衣装について注目すると

とっても理路整然とした考えがベースになると読み取れます。

なかなか私服から分かりませんが、予想以上に美意識の高さを感じられ

羽生結弦選手の衣装は素敵な魅力に彩られます。

 

だから、あさイチでの衣装解説は

もっとも自分としては興味をひかれる話題でした。

羽生結弦 あさイチ 青シャツ

どうも小鳥にばかり注目するファンが多いみたいですが

そんな期待するような秘密は、むしろ隠されてない気がしますよ!

 

羽生結弦選手は理性的に、衣装について取り組むので

その感性を知る手掛かりがあの解説だけでも多彩なのにな~と。

羽生結弦 バラ1 

羽生結弦選手の新シーズンを待つ時間を楽しむ秘訣としても

バラ1衣装がどう変化を遂げるのかと

ヒントになる言葉が、散りばめられているかもしれませんよ!

浅田真央選手「素敵なあなた」衣装ピンク色が紫に変わる?

 

バラ1新衣装についてまとめてあります。

羽生結弦選手バラ1新衣装による第2章の幕開け進化と洗練

 

スポンサードリンク


<前の記事
次の記事>