羽生結弦選手GPファイナル進出ポイントを最終戦NHK杯前に検証!


スポンサードリンク

 

羽生結弦選手について昨夜テレ朝系「キリトTV」の放送があり

いつもながら楽しめたことからテーマにするつもりが

やはり最優先すべきは、ポイントの整理かなと。

 

昨日、グランプリシリーズのロシア大会が終わったばかりで

女子のポイントに注目したところ、思いがけない感じになりました。

これは羽生結弦選手の帰国情報が届く前に

グランプリファイナル進出についてポイント整理をする必要がありますね~

 

日本男子は宇野昌磨選手が暫定で、ほぼファイナル進出が確実になり

すっかり安心しちゃってました。

宇野昌磨 GPSスケートアメリカ 表彰台

でも女子の急展開から、予想外のポイントの行方を知ると

そういえば男子はどうなんだろうと、急に焦りを感じて

心の準備のために、注目しておかないと!

 

 

また、ハビエル・フェルナンデス選手にとって2戦目となる

GPS第5戦、ロステレコム杯Rostelecom Cupを優勝で飾ります。

つまりロシア大会は中国杯に続き、ハビは優勝を果たしました。

 

GPファイナルは今年も、ハビの自国バルセロナ開催なので

GPF進出は宿命となる立場ですが。

羽生結弦 GPF オペラ座の怪人 青ファントム

現在ヨーロッパのフィギュア事情は

ほぼ、ロシアの活躍のみという印象です。

ロシア以外で唯一、男子でハビがトップ選手の常連のような。

 

男子も女子と同じく、ロシア以外なら

日本とアメリカの3強国の活躍が目立ちます。

あと男子はカナダが加わる感じかな?

ラジオノワ×メドベデワ×ソトニコワ GPSロシア

フランス大会はテロの影響で、フリーFSが中止になったことでも

少々分かりにくい状況に陥り

改めてファイナル進出について注目してみます。

 

 

さてGPS残るは最終戦NHK杯、日本大会のみになります。

日本から出場する女子は浅田真央選手と、宮原知子選手。

この試合だけ木原万莉子選手が参戦します。

浅田真央 NHK杯会見 宮原知子

男子は羽生結弦選手と、無良崇人選手

この試合だけ田中刑事選手が登場します。

 

 

では、さっそくここまでの試合結果より

ファイナル進出のポイント状況をみてみます。

 

2試合が終わりGPFが確定なのは、もしかして男子はハビだけ?

宇野昌磨選手も、ほぼ確定ですが

一応フランス大会なので暫定的な扱いのまま。

ハビ GPS中国杯 表彰式

なのでハビはポイント15を2試合なので、計30です。

次に、初戦2位の宇野昌磨選手は13。

2戦目のフランスでトップ、プラス15なので計28。

とここまでは、まだ分かりやすい!

 

しかもハビは外国人だろうと、ここまでの流れなら

すっかりトップ選手として日本人に交えても違和感なし!

ただし、ここからは分かりませんよね~

浅田真央×ハビ GPS中国杯エキシビション

男子のポイントについて参考にするなら

羽生結弦選手GPシリーズのポイントを折り返し地点で注目!

フランス大会の試合を振り返るなら

宇野昌磨と村上大介GPF進出は射程圏内なのにフランスFSテロ中止!

 

さらにNHK杯直前ポイント情報について

ザキヤマ自称オーサー似「キリトルTV」常連兄さん羽生結弦選手!

 

 

まず複雑さを極めるフランス大会から整理しますが

ショートSPのみの結果が有効になりそうなので。

 

1位の宇野昌磨選手はポイント整理したので、置いといて

2位は、なんと話題のマキシム・コフトゥン選手!

3位に村上大介選手とは、改めて良い位置につけましたね~

浅田真央×コフトゥン×村上佳菜子

フランス大会の上位男子は、宇野昌磨選手を除き

華麗なるプレイボーイのイメージ?

 

ただ、フランス大会のマキシム・コフトゥン選手は初戦なので

2戦消化の選手を優先して整理するから、まず保留にしておきます。

 

次に、ロシア大会の男子の順位ですが1位がハビ。

これもポイント整理したので、ひとまず放置。

では2位がロシアのアディアン・ピトキーエフ選手。

3位がアメリカのロス・マイナー選手。

 

この2試合で、ポイント上位に関係するのは

まず村上大介選手が初戦3位でポイント11。

2戦目も同順位なので計22。

宇野昌磨×村上大介 GPSフランス 男子SP

ロシア大会2位のアディアン・ピトキーエフ選手は

スケートアメリカ6位でポイント5、今回プラス13で計18か~

 

ロシア大会3位のロス・マイナー選手は

スケートアメリカ7位でポイント4、今回プラス11で計15。

このポイント数なら、他にも進出可能な選手が存在しそう!

 

 

まずフランス大会の暫定順位から。

4位はデニス・テン選手ですが、初戦ポイント0なので

プラス9でも残念ながら、少々GPF進出は難しいでしょう。

デニステンくんとテッドくん

5位パトリック・チャン選手は初戦優勝のポイント15に

今回プラス7で計22!

 

6位がロシアのアレクサンドル・ペトロフ選手は

スポンサードリンク

初戦スケートカナダが同じく6位、ポイント5が2つなので計10。

宇野昌磨 GPSスケートアメリカ 表彰台

7位がアメリカのマックス・アーロン選手で

初戦スケートアメリカを優勝なのでポイント15、プラス4で計19。

 

 

次に、ロシア大会の結果から。

4位はアダム・リッポン選手。

初戦はスケートカナダでも同じく4位なので、ポイント9が2つで計18。

意外と伸びますね~

アダム・リッポン GPSスケートカナダFS

あとナム・グエン選手をはじめ、ポイント15以下なので

今回ファイナル進出は難しいでしょう!

 

 

で、残る最終戦NHK杯でポイントランキング上位は

まず羽生結弦選手のポイント13。

それに並ぶのが中国のボーヤン・ジン選手と、マキシム・コフトゥン選手。

この3人でマキシム・コフトゥン選手だけ、フランス大会の暫定結果。

羽生結弦 GPSスケートカナダ 表彰式0

では、ポイント13の2選手で比較すると

まず総合は261.23点のボーヤン・ジン選手。

次に総合259.54点の羽生結弦選手が位置します。

 

こうなると1点の差が大きくなるから、取りこぼしのないように

点数の獲得が大切になるのが分かりますね!

 

 

では、もう1度シニア男子のポイントについて整理すると

ファイナル進出の確定は、まずハビのポイント30。

暫定になってしまいますが、宇野昌磨選手のポイント28。

村上大介×フランク・キャロルコーチ GPSスケートカナダ

現時点で2試合の結果、次にポイント22で並ぶのが

なんとパトリック・チャン選手と、村上大介選手とはダイスすごいぞ!

 

ただ、すんなりファイナル進出になるのか微妙~だけど。

ボーダーラインはこの辺りになりそうで

その他の選手は2試合消化して、10点台になります。

羽生結弦 GPSスケートカナダFS SEIMEI

まず上位はアメリカのマックス・アーロン選手がポイント19。

次に、ロシアのアディアン・ピトキーエフ選手と

アメリカのアダム・リッポン選手のポイント18。

 

 

最終戦NHK杯が残る有力選手3人は、いずれもポイント13。

パトリック・チャン選手と村上大介選手のライン、ポイント22とは

ポイント9が加算されることになり、4位に相当しますね。

羽生結弦×村上大介 GPSスケートカナダFS SEIMEI

だからNHK杯で3位ならプラス11で、ポイント13の3人は計24。

そのままファイナル進出の可能性は高いでしょう!

その代わり4位になると同ポイント22になるので

条件しだいになり、こちらは混戦模様になりますね~

 

となると、ハビと宇野昌磨選手に

NHK杯3位までなら、枠は5つが埋まるので

あと1つの争いが、ポイント22のラインになりそう!

ハビ×宇野昌磨 ジャパンオープン

NHK杯の出場メンバーで、あとポイントが関係あるのは

アメリカのジェイソン・ブラウン選手がいた~

 

ジェイソン・ブラウン選手は

初戦のスケートアメリカで3位なので、ポイント11か。

ジェイソン・ブラウン スケートアメリカFS キスクラ

そうなると同じく3位だと、11ポイント2つがプラスなので

条件しだいのポイント22だから。

2位以上を狙わないと、ジェイソン・ブラウン選手は厳しいわけだ!

 

 

ハビと宇野昌磨選手は、もう確定とみてもいいでしょうから。

次にNHK杯で羽生結弦選手、ボーヤン・ジン選手

マキシム・コフトゥン選手、ジェイソン・ブラウン選手のうちから

ファイナル進出に、上位の3人が出る可能性が高いでしょう。

GPS中国杯 男子表彰式 ハビ×ボーヤン×ハンヤン

もちろんNHK杯の有力選手が順当に進む前提ですが。

残り1つについてパトリック・チャン選手と、村上大介選手

さらにNHK杯の有力選手の4人のうちから最下位の1人により

ファイナル進出の可能性を争うことになりそうですね!

 

あとは最終戦だから、昨シーズンの村上大介選手みたいに

ダークホースが飛びぬけるのが怖いけど。

村上大介

ここで予想外に、順位を落とすのがNHK杯の怖さになり

だから守りに出てしまう危険性が高まるわけだ。

 

もちろん順当にいけば、羽生結弦選手の表彰台は堅いでしょうが

何があるのかわからないのがグランプリシリーズ。

でも今回ばかりは、予定通りにいきますようにお願い!

無良崇人×羽生結弦 国別

あと無良崇人選手も日本男子の意地をみせるチャンス!

できれば羽生結弦選手が1位で、スッキリ優勝してファイナル進出。

そこでハビと直接対決が、理想的な試合展開になりますね。

 

さらにパトリック・チャン選手、もしくは村上大介選手が参戦なるか?

これはポイントの行方が、ますます楽しみですね~♪

 

スポンサードリンク


<前の記事
次の記事>